世界三大織物のひとつである大島紬。
職人の気の遠くなるような手仕事が施された総絞り。
高温多湿な時期も涼しく過ごせる絽や紗など夏素材。
世界でも例を見ない日本の布のすばらしさを、
和服という形に限定するのはもったいない。
もっと気軽に着られる洋服やドレスに仕立てれば、
もっと世界に、その魅力を伝えることができるかもしれない。
もっと現代の日本人に、愛されるようになるかもしれない。
「この日本の美しい生地を、絶やしてはならない」
クールジャパンの新しい潮流と期待される山田百里恵の強い想いが、
MORIE TOKYOというブランドになりました。
日本文化の可能性は、ここから無限に広がっていくでしょう。

Oshima Tsumugi, which is regarded as one of the 3 best textiles in the world.
So-shibori is an elaborate tie-dyed fabric made by craftsmen.
Silk gauze such as Ro and Sha, are pleasant materials for hot and humid summers.

It is a shame to limit the use of these wonderful Japanese fabrics to kimono only.
They are unlike any other in the world.
If I could make them into clothes and dresses more wearable by many,
it might be possible to introduce their charm more to the world.
They might be loved more by the modern Japanese people.
“These beautiful Japanese textiles must be passed on.”
The strong passion of Morie Yamada, an anticipated new tide of Cool Japan,
has come together as the label “MORIE TOKYO”.
From here, the possibilities of Japanese culture will expand without limits.