MORiE TOKYO の着物ドレスを形作る「立体裁断」の制作手法って?

MORiE TOKYO の着物ドレスを形作る「立体裁断」の制作手法って?

「あなたの体型に合った服」ではなく「あなたを一番きれいに見せるデザイン」。

そんな価値観を持って、MORiE TOKYO では服やドレスをデザインしています。

今回はその服作りを支える手法の一つ、「立体裁断」をご紹介していきます。

仮縫いの段階では「型紙」は存在しない

dress-cut02

着物を裁断するときの作業手順、というとなかなかイメージがしずらいと思います。

紙に線を引いてある型紙があって、それを生地に乗っけて裁断してる・・・と思われがちのようです。

ですが、実際は「トルソー(人体)にシーチング(仮縫い用の生地)を大体の大きさに切って、あてがう」というところから始まります。

まずは、前に1枚。次に、横に1枚・・・

dress-cut03

こういった作業を経て、何もないところから仮縫いドレスの形を作っていきます。

そして、形ができたら次は、生地のつなぎ目にボールペンで点々印をつけて解体。

dress-cut04

続いて、生地に書かれた点々を「線」にする作業・・・

dress-cut05

さらに、チャコペーパーで反転したものを写します。

dress-cut01

こんな過程を経て、左右同じものができます。

最終的に、これらを縫い合わせてトワルが完成!という流れです。

仮縫いでデザイン画のイメージをそれぞれの形に

次の写真はブライダルドレスの仮縫いの風景です。

デザイン画に沿ってデザインしたドレスを試着する中、皆さんここで一気にテンションが上がります!

karinui01

karinui02

 

karinui04

この次は、トワルを解体して、型紙にしてから着物の裁断に移っていきます。

*
*
* (公開されません)