絞りの裏無しコート

今の季節にちょうどいいですね。

裏無し仕立ての絹の総絞り、

裏無しの秘密があります。

派手ではありません。

むしろ地味ですが 有松の絞りで裏無しの羽織もの

後ろが前より少しだけ長い丈

ルーズな衿元で気楽に羽織れます。

一見なんでもないですが

絞り染めは日本人ならほとんどの方がご存知のように

細かく生地を糸でくるくると絞って

糸で絞ったところだけ染まらないようにして

染め液に浸けて絞ってないところだけが染まります。

この生地の場合は黒に染めてます。

そしてくるくるした糸を全部解いて普通は完成ですが

この生地は白いところ以外を

さらに一粒ずつ筆で彩色していきます。

垢と黄色を計算されたところへ一粒ずつ筆で彩色するわけです。

さらに

裏無し仕立てができるのは

ここ、有松の竹田嘉兵衛商店様の生地をだけです。

絞りの生地は裏から縫い止めないと

だらーんと伸びていってしまう。

凹凸が時間と共になくなってしまいます。

竹田嘉兵衛商店の絞りはそれがない独特の技法があります。

だから、裏無し仕立てができます。

改めて絞りのすごさ!

こんな素晴らしい生地を扱わせていただくありがたさに感謝です。