大島紬を洗濯機で洗いました。

着物リメイクしていますが

オリジナルの作品で大島紬については 古布ではなく

通常は新品の大島紬を使っています。もちろん、ビンテージ物のよさもありますのでそういった場合を除いてですが。

新品の反物は高価すぎて 洋服にした時に天文学的なお値段になってしまうので着物からリメイクしますが

誰も着ていない新品の着物からリメイクしています。

ま、高価でも うわーみたいな反物に出会ってしまった時には

それなりの物を作っています。

そういった作品はさすがにものすごくオーラあります。

大島紬はパリッとした風合いが持ち味ですが

ほどいた時に、元々の縫い目の折り山がきっちりついていて なかなかアイロンでも消えないことがあります。

筋消し屋さんという所に依頼して消してもらうとこれまたコストがかかるので

自分でやります。

大島紬はものすごく丈夫。

特に水には強くて

新品の大島紬はじゃぶじゃぶ水に浸けてもほとんど水をはじいてしまいます。

ということは

小雨くらいならはじく。

高価でも普段着に使えるわけですね。

筋消しはスチームアイロンで消すことができればいいのですが

今日はビシビシに折り山の付いている着物の筋消し。

スチームアイロンでは役立たず。

洗面に張った水に揉むようにやってみましたがまるっきり水をはじいてお手上げ。

洗濯機で洗いました!

大島紬を洗濯機、は珍しいことではなく

普段着ですからわたしはいつも洗濯機で洗ってます。

もちろん、光沢感を残したいデザインの場合

例えばシュッとしたコートやワンピースなどは

芯もはってあるし、裏地も付いてるのでクリーニング屋さんに出します。

シルクの服として出します。

裏無しのカジュアルなチュニックなどは

洗濯機です。

ただ、脱水するとシワシワになり

このシワがなかなか手強いので

脱水は水がしたたり落ちない程度です。

しっとり濡れた大島紬の服を

バスタオルに巻き寿司みたいにくるくるして

裏返しに干せば大丈夫です。

よろけ縞模様の9マルキの大島紬ですが

悩んだ挙句

裏無しのカジュアルなアイテムにすることにして

洗濯機➡︎ゆる乾燥機➡︎アイロン

出来上がりの洋服は

お客様がご自宅で洗濯機で洗えます。

まったく色落ちしません。

きれいに折り山も消えました。

アイロンで、汗だくです。

9マルキですから

水に馴染んでとてもとてもしなやかになりました。

9マルキとは?

よくわかる!大島紬(総集編)

難しいですねー。

ざっくり言うと

最高級の大島紬です。

ざっくりすぎてすみません。

お詳しい方にはなるほどと思っていただけるかもですが

大島紬の素晴らしさはごちゃごちゃ言うのもなんです。

着心地は最高です。

世界三大織物の一つが

大島紬です。