パーティのドレスのオーダー

パーティシーズン到来

12月に入り、パーティシーズンとなりました。%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9

モリエトウキョウの着物ドレスはビスチェとスカートがセパレートになっているものが多く、着回しが効くため、この時期には大変重宝していただいています。帯で作ったビスチェ、打掛で作ったドレスなど様々です。帯や打掛などはそのものの発する圧倒的な存在感、ゴージャス感がとても人気です。今年のパーティシーズンに向けてのオーダーでも帯は人気のアイテムでした。もちろん、お着物からのオーダーも変わらず多くありました。

着物ドレスで「日本らしさ」「自分らしさ」を表現

着物ドレスをオーダして下さるお客様の目的は様々です。ブライダル以外でのオーダーは実に様々なシーンを想定されています。%e5%b8%af%e3%83%93%e3%82%b9%e3%83%81%e3%82%a7

・国内外のコンサートにと演奏家の方

・海外でのレセプションにご参加の方

・クルーズのフォーマルパーティにご用意なさる方。

・ヨーロッパでの音楽会へ行く衣装にとお考えの方。

用途は多岐にわたりますが、オーダーされるドレスに「日本らしさ」と「自分らしさ」を求められる点は共通しています。

モリエトウキョウではお客様が納得されるまでご相談の時間を持たせて頂きます。出来上がったドレスは、それぞれの着物と帯の良さを存分に活かす事で、日本の織物の発する質の良い「日本らしさ」を表現します。

ご相談 →仮縫い → フィッティング と段階を踏みながらこころ行くまでお客様とお話させて頂く事で、ドレスは自然とお客様の「自分らしさ」を帯びて完成します。たとえ同じ素材を使ったとしても、お客様が違えば、ドレスのスタイル、着物や帯の中で活かす柄などが違ってくるのです。

最も大切な「ご相談」

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3%e7%99%bd%e9%bb%92

そのためモリエトウキョウでは、お召しになるお客様の魅力を最大限引き立てるために、お客様とのお話をとても大切にしています。何気ない会話からお客様のドレス作りへの手がかりを見つけていきます。各界の著名人も含める多くのお客様にご愛顧頂き、いままでに数千着のオーダーを頂いてきた山田百里恵(モリエ)がそれぞれのお客様ご希望を伺い、ドレスをお仕立ていたします。明確に「こんなデザイン」というイメージがなくても大丈夫です。会話の中からヒントを頂き、また、山田百里恵の経験と直感から、お客様にお似合いになるデザイン、そして着物や帯のどの部分を使って行くかを決めて行きます。着物としてお召しになっていた時には考えられなかった輝きをドレスが放ちます。仮縫い、フィッティングの際もお客様のご希望を最後まで事細かに形にしていく事によって、お客様自身が気付いていらっしゃらなかった魅力までも引き出す、そんなドレスになって行きます。最初にお着物、帯を持ってご来店された時には、想像もつかなかったドレスが完成します。「魔法みたい!」と多くの方が言って下さる山田百里恵のデザインをどうぞご体験ください。