能登上布


IMG_2518
「能登上布」でできたワイドパンツです。「能登上布」とは何でしょうか?そもそも「上布」って何かしら?

 

「上布」は麻織物の最高級品に贈られる称号だそうです。細い麻糸を使って織物で、夏の和服に使われます。「上布」には何種類かあり、その生産地も様々です。その内、「越後上布」(新潟県)と「宮古上布」は重要無形文化財に指定されています。「越後上布」は近年になるまでその名前は存在しませんでしたが、東大寺へ麻糸を収めた記録なども残っており、「麻」との関わりは古いようです。江戸の始め頃までは、鹿西(ろくせい)町や羽咋市(はくいし)で作られる良質の麻糸は滋賀県湖東地方で生産される「近江上布」の原糸として使用されていたとか。

 

「能登上布」の誕生

能登上布の生地

近年になるまでその名前が存在しなかったとは言え、その起源は古く、崇神天皇の皇女さまが能登の鹿西(ろくせい)町に滞在した時に、地元の女の人達にこの土地の野生の真麻で糸を作り、織物を教えた事が起源だとか。崇神天皇は第10代の天皇。その治世がいつ頃かは諸説あるようですが、大体邪馬台国の後半の時代と重なる頃のようです。それはそれは遠い昔という事です。その後、近江上布を作る職工さんを招き、技術を学び、文政元年に「能登縮」が誕生しました。明治40年に皇太子殿下への献上品とて選ばれるまでになりました。この頃に「能登上布」という称号が付けられました。第二次世界大戦までの最盛期には織り元は120軒になり、年間生産反数が30万反にもなり、日本一の産地となります。昭和35年には石川県の無形文化財の指定を受けるまでになったのですが・・

「幻の能登上布」に

しかしその後は国民の生活がどんどん近代化し、着物離れが進み、織り元が激減。今ではたった一軒となってしまいました。その一軒は「山崎麻織物工房」。こちらには県内外から若者たちが伝統の技を学び、その伝統を繋げようと頑張っているようです。是非伝統の技を絶やさぬ様頑張ってほしいです。

「能登上布」は男物が主流で、昔は男の子が生まれ、その家を離れる時には、必ず真夏に着る衣類として持たせたようです。「蝉の羽」とも形容される、薄くて軽い盛夏の着物生地で、麻の持つシャリ感とひんやりとした風合い、そしてとても丈夫です。そんな素材から出来た、MORiE TOKYOの「能登上布」のワイドパンツ。デザインが優しいのでマニッシュになりすぎず、何にでも合わせやすいです。

「能登上布」でできたワイドパンツ

伝統を感じながらお召しになってはいかがでしょうか?