MORiE TOKYOのタンクトップ

MORiE TOKYOのタンクトップ

もうすぐゴールデンウィークですね。ゴールデンウィークには祝日が沢山あり、全部を言えるかというと、少々危ういですが、5月5日の端午の節句はデパートでも「五月人形」や「兜」などをディスプレーしていることもあり、この時期の象徴的な位置づけではないかと思われます。

MORiE TOKYOの店頭にも「鯉と兜」のタンクトップが飾られています。まだまだ朝晩は温度が下がっていますが、日中はほんとうに過ごしやすく、爽やかな今の気候とタンクトップがよくマッチして、気分がとても軽くなります。

『鯉と兜」のタンクトップ

koikabutoshirt1

絹の絽のタンクトップ。模様は「鯉と兜」です。その昔、ご自分のお子さまの「端午の節句」を祝うために、特別に作らせた方がいらっしゃったのでしょう。絹の絽で作らせるというのは、大層余裕のある方だと考えられます。その時に使われなかった生地が、ご縁あってMORiE TOKYOのお洋服になっている。生地のルーツを辿って行けば、それは偶然の繰り返しでここまで行き着いてくれたというドラマがある。戦争もあり、天災もあり、幾多の困難をくぐり抜けてきた生地。それも綺麗なままでいてくれている。そんなバックグラウンドを想像しつつ眺めては、その美しさにため息が出てしまうのです。

「雷神」のタンクトップ

IMG_2202
この柄はどなたでもご存知の京都建仁寺の国宝、俵屋宗達の風神雷神図で有名なあの柄です。その後、尾形光琳が模した方も有名ですが、昨年、スターウォーズの風神雷神図が京都の清水寺でお披露目されたというニュースには驚きました。そもそもスターウォーズはジョージ・ルーカスが日本の黒澤明監督の大ファンで日本文化の影響をとても受けているとはいわれていましたが・・・。MORiE TOKYOの大人気のショールコートもジェダイの衣装を彷彿とさせるとよくお客様に言われます。確かに言われてみれば、似ています。だいぶ横道にそれましたが、このタンクトップは大人気で、残りわずかです。写真は雷神ですが、風神の柄もございますので、是非ご来店ください。

「絞り」のタンクトップ

shiboriorangeshirt1『絞り』のタンクトップ。MORiE TOKYO開店のお知らせの写真に、紺の「絞り」のワンピースがあり、とても素敵と多数お問い合わせ頂きました。MORIE TOKYOは日本の素晴らしい生地との出会いで生まれます。また、お洋服やコートなどに使える場所や模様の配置などがあり、どうしても一点ものになってしまします。この写真のタンクトップは色も鮮やかですが、模様がまた見事です。これからのシーズンにピッタリです。

その他にも多数タンクトップ揃えておりますので、是非覗きにいらしてください。