お客様から嬉しい声をいただきました!【留袖ドレス編】

皆さん、こんにちは!すっかり暖かくなり、 春服で出掛けられる時期になりましたね。

この度、MORIE TOKYO で留袖ドレスを作られたお客様から嬉しい声をいただきましたので、ご紹介します!

留袖ドレス

留袖でドレスを作ろうと思ったきっかけをお聞かせください

以前、叔母が結婚式に参列した際の写真を見せてもらったことがきっかけです。

叔母は「黒留袖風のドレス」を着ていて、着物風の生地から作ったということでした。

そのドレスが周りの参列者の誰よりも豪華で素晴らしかったのです。

その時「私も娘の結婚式には、着物から仕立てたドレスを着よう」と決心しました。

時が過ぎ、娘の結婚が決まった時にネットで色々調べ「青山MOMO(現在のMORIE TOKYO)」さんに行きついたのです。

「娘の結婚式に着るように」と、母が私の結婚式に着た黒留袖をくれたので、それを留袖ドレスに直していただきました。

実際に留袖ドレスをオーダーしてみて、いかがでしたか?

感激のひとことです。

実際着物を持ってサロンにお伺いしても なおその場で迷っていましたが…

「このまま着物で持っていても絶対陽の目を見ることはないだろう」と自分に言い聞かせ、やっと決心しました。

実際に出来上がって見たとき、金色が映え豪華で大変感動したことを覚えています。

結婚式当日も数人から「素敵ですねえ」「それはお着物ですか?」と聞かれました。

山田様にお願いして本当に良かったと思っています。

着物をリメイクされる時、多くの方が一度は迷われると思います。

でも「着物を大切にしていきたい」という思いは皆さん同じ。

大切な着物だからこそ、和服という形に捉われず様々な形で活躍させてみてはいかがでしょうか?

※本記事の内容は、お客様よりご了承をいただき掲載しています。

留袖ドレスの詳しいご紹介はこちら