着物のリメイクベルト

着物のリメイクベルト

MORiE TOKYOでは、着物の生地を使った様々なアイテムを取り扱っています。着物の生地の持つ個性を上手く引き出し、その生地に合ったリメイクをしています。ベルトはバックルも生地としっかり合わせて吟味してあり、それだけで雰囲気があります。

「お召(おめし)」の生地でできたベルト

お召。この黒のベルトは大島紬のコートの上からすると最高に格好がいいです。お召は撚(より)を経糸(たていと)にも緯糸(よこいと)にもかけているので、通常の縮緬よりも「シボ」がはっきりとしていて、コシが強いです。糸の段階で「精錬」と「染め」をする「先染め」という方法をとっているのですが、(通常、後染め織物の方が格が高いそうです。)お召は徳川11代将軍家斉(とくがわいえなり)公のお気に入りであったせいか、江戸時代には礼装で用いられる事も多かったようです。紬より馴染みがよく、着崩れしにくいし、裾さばきもよかったということです。お洒落に格好よく着こなしている家斉公のお姿を想像してしまいます。

ベルト3

そんなお召を使ったこのベルト。色遣いも素敵です。MORiE TOKYOの大島紬のコートの上からするととても素敵です。

大島コート

錦紗縮緬ベルト・帯ベルト

一方、一番初めに写真でご紹介してある明るい色合いのベルト。こちらは『錦紗縮緬(きんしゃちりめん)』です。錦紗縮緬を革を裏ばりしてあります。優しい色遣いですが、とてもお洒落で遊び心のある生地なので、白いTシャツにジーンズにもピッタリ合うと思います。金色のバックルが華やかさを出してくれています。錦紗縮緬は通常の縮緬より光沢があり、滑らかです。細糸で密度の多い経糸に撚をかけ(しかも右、左交互に)織っています。長襦袢に使われることが多いようです。

kimonobelt1

下の写真は帯で作ったベルトです。縮緬と違って厚みがあります。色が鮮やかで、帯ならではの華やかさがあります。

kimonobelt2

ジーンズでもニットの無地のワンピースにでも何にでも合わせて頂けると思います。通常、帯の柄に植物が入っている場合、少し季節を「先取り」するのがよいと言われていますが、こちらのモチーフは菊の一部分が見えています。『きものの文様』(世界文化社)によると菊は「通年」「秋」に分類されています。『中国から伝えられた菊は、長寿を象徴する代表的な植物』だそうです。季節関係なく使って頂ける様、モチーフにも気を配ってあります!!どうぞ、通年のお洒落にお使い下さい。