オシャレな着物柄の草履!

オシャレな着物柄の草履!

着物には草履がつきものですが、その草履の花緒が着物の生地で出来ているだけでも嬉しくなるのに、Morie Tokyo の草履は巻の部分に花緒の柄に合わせたペイントがしてあるのです。この華やかさは着物柄でしか出ません!これならジーンズにでもショートパンツにでも合いますよね。

江戸ちり草履

zourikurohana

江戸ちり(縮)で大正時代位の生地だそうです。この花緒に使っている生地と同じ柄で、絵が描かれています。大正時代ってとても短かったのですよね。その間に作られたものっていうだけで、出会えた自分がとても運がいい!って嬉しくなってしまいます。

 

小紋ぞうり

zourishirofinal

ちりめんの古典柄(小紋)。こちらは絵にラメがちょっとちりばめてあるのですが、わかりますか?

(この草履には実は同じ柄のバックもあるんです。バックについてはまた改めてバック特集でご紹介しますね。)

花緒に使う位の大きさの生地でも、着物の生地は雰囲気があり、奥ゆかしくもしっかりとした世界を作り出しています。洋服ではなかなか使えない色合わせも不思議とやってのけてしまう。織物の技術も知れば知る程、誰がそんな事考えついたのかしらと思うくらいの手間がかかっっている事がわかり、有り難さもひとしおです。この草履達をみているだけでも、時代時代で多くの女性(に限らないかな)の心を躍らせて来た着物の模様への愛おしい思いがじわっと湧いてきます。

皆様、一目会いにいらしてください。お待ちしております。